« 鳩山政権は迷走しても米国頼みで反発 | トップページ | 7日ぶりの当然の一服も、円高で先は読めない »

亀ちゃんの財政拡大論はデフレ対策の決め手?

亀ちゃんこと国民新党代表の亀井静香郵政・金融担当相の第2次補正予算の大幅増額要求の論拠は、前にもリンクを貼りましたが、「景気対策をやればやるほど将来世代へのつけは減る!!」というもの。甘く美味しい財政拡大論です。

財政赤字が拡大する中での積極財政による景気拡大論は、納税者の負託を受けて効率的・効果的な予算配分を行う制度設計が政府に十分なされていなければうまく機能しないそうで、予算の効果が不明瞭なまま補正予算の規模を拡大しても、穴のあいたバケツで水を汲むようなもの。確かに「定額給付金」のような場当たり的な金のばら撒きでは、一時的に経済の刺激とはなっても、結局は財政負担だけが残り、さらなる財政赤字だけが残るだけで、経済は一向に活性化しません。

財政再建だけがすべてではないにしても、人口が減少する少子高齢化社会において、環境にも配慮しつつ、持続可能な日本経済社会をどう構築していくかという目標や希望も明らかにできない中で、限られた資源を効果的に使う経済対策などできるはずもありません。

なぜか難しい話になってしまいましたが、財政の積極拡大策がいずれというか、すでの行き詰っているにもかかわらず、今日のデフレスパイラルを打ち破る唯一の方策であることも事実らしい。バブルの対処法は、新たなバブルの醸成です。

経済や政治への閉塞感が漂う中、財政拡大論には大反対ながら、亀ちゃん頑張れとエールを送りたくなる今日この頃です。

|

« 鳩山政権は迷走しても米国頼みで反発 | トップページ | 7日ぶりの当然の一服も、円高で先は読めない »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀ちゃんの財政拡大論はデフレ対策の決め手?:

« 鳩山政権は迷走しても米国頼みで反発 | トップページ | 7日ぶりの当然の一服も、円高で先は読めない »