« 1万円大台乗せ達成もあり、6日ぶりに反落し一服 | トップページ | 人民元の急激な切り上げがないとの安心感で急反発 »

海外材料待ちで膠着、国内は借金を減らせない政治が続く

政府が閣議決定を目指す財政健全化計画の内容が明らかになりましたが、財政赤字削減策については、新規国債発行額を11年度は約44兆円以下を努力目標とするという。

そもそも44兆円という数字は、民主党がコンクリートから人への名の下にばら撒いた結果。

その数字を目標にするというのも納得できませんが、それさえも単なる「努力」目標でしかなく、参議院選挙後には修正されるのが目に見えています。

消費税を含む税制の抜本改革については、「早急に具体的内容を決定」と明記されているものの、無駄な歳出の削減については全く触れられていません。

「国民の安心と希望のために」、「必要な費用を国民の間で分担する」として、増税の必要性を改めて強調しているそうですが、ばら撒きのための恒久財源を確保するための増税にほかなりません。

18日の日経平均4円安、値上がり827銘柄、値下がり705銘柄と持ち合い。材料難で動意薄の展開で、良くも悪くも海外頼みの次の材料を待っていますが、国内で材料があるとすれば選挙の行方でしょうか。

各政党のマニフェストが出揃ったそうですが、菅首相の登場で、民主党と自民党の政策に差がなくなり、日本の政治にはますます興ざめするばかりです。

東証1部の売買高は15億5513万株、売買代金は1兆1387億円と低水準。

みずほFG(8411)、第一生命保険(8750)が年初来安値を更新。iPhone4の申し込みが好調なソフトバンク(9984)が高い。

明日の参考銘柄は、
1882 東亜道路工業
6461 日本ピストンリング
6997 日本ケミコン
7735 大日本スクリーン製造
8050 セイコー
9672 東京都競馬

|

« 1万円大台乗せ達成もあり、6日ぶりに反落し一服 | トップページ | 人民元の急激な切り上げがないとの安心感で急反発 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ

初めまして

僕も空売りやってますが上記銘柄は、全て

買い方の方ですよね。

よろしくお願いします

投稿: ゆうちゃん | 2010年6月18日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外材料待ちで膠着、国内は借金を減らせない政治が続く:

« 1万円大台乗せ達成もあり、6日ぶりに反落し一服 | トップページ | 人民元の急激な切り上げがないとの安心感で急反発 »