« 米国景気悪化懸念で政策期待は吹っ飛ぶ | トップページ | 政府も日銀も「ただ見てるだけ」では新安値も当然 »

首相と日銀総裁の会談は電話、内容は「見てるでけ」で失望

23日の日経平均は62円安、値上がり406銘柄、値下がり1,085銘柄と続落し、年初来安値を更新。

期待された菅首相と白川日銀総裁の会談は、すでに織込み済みで余程のサプライズがなければ相場上昇には繋がらない状況でしたが、会談はなんと電話だけ。日銀の追加金融緩和もなければ、為替介入の話も出なかったというお粗末な話。

首相は、民主党の小沢前幹事長との党首選の準備で忙しいのか。小沢氏は、「今、勝負しなくても、菅政権は来年春には行き詰まる。」と言い切ったそうです。

円の上値が限定的で、9,000円という節目が意識されていることもあり、底堅いとも。急落しなかっただけ、良しとしましょう。

東証1部の売買高は12億8373万株と今年2番目の低水準、売買代金も8811億円と今年4番目の額。

明日の参考銘柄はありません。

|

« 米国景気悪化懸念で政策期待は吹っ飛ぶ | トップページ | 政府も日銀も「ただ見てるだけ」では新安値も当然 »

」カテゴリの記事

コメント

今日も日経平均下げてしまいましたね。
民主党代表選で忙しい菅首相、電話会談だったようですね・・・
どうするんでしょうね?
勉強させてもらいました。 ありがとうございます。

投稿: 株式勝男 | 2010年8月23日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相と日銀総裁の会談は電話、内容は「見てるでけ」で失望:

« 米国景気悪化懸念で政策期待は吹っ飛ぶ | トップページ | 政府も日銀も「ただ見てるだけ」では新安値も当然 »