« 国債格下げに、菅首相の不用意発言が飛び出し急落 | トップページ | エジプト情勢は織り込みも、円高で上値が重い »

エジプト情勢緊迫化は未消化、不透明感拡がる

31日の日経平均は122円安、値上がり332銘柄、値下がり1,233銘柄と続急落。先週末のNY市場が急落したことを受けて安くなりましたが、NY市場の急落は、エジプトの反政府デモによる情勢悪化を懸念したもの。

エジプト情勢の緊迫化は、まだ相場に織り込まれていない材料で、仮にムバラク大統領が辞任しても、当面は政治的な混乱は続きそうで、原油相場の値上がりなどの懸念は拭えません。為替相場への影響、原油相場への影響など、先行きが不透明なことが警戒感を生んでいます。

が、こんな中でも中国上海総合指数は上昇。案外、今夜の欧米市場は反発に転じるかもしれません。

民主党の小沢元代表が強制起訴となりましたが、こちらはすでに織り込み済みで材料とはならず。

明日の参考銘柄は、
6703    沖電気工業
9130    共栄タンカー

|

« 国債格下げに、菅首相の不用意発言が飛び出し急落 | トップページ | エジプト情勢は織り込みも、円高で上値が重い »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エジプト情勢緊迫化は未消化、不透明感拡がる:

« 国債格下げに、菅首相の不用意発言が飛び出し急落 | トップページ | エジプト情勢は織り込みも、円高で上値が重い »