« NY安に上海株安が加わり2週間ぶり安値、総花的物色一服か | トップページ | 値ごろ感から反発でじり高も、勢いは足りない »

ガラは突然やってきて、中国の利上げを今更のように材料視

21日の日経平均は162円安、値上がり126銘柄、値下がり1,500銘柄と急続落。利上げ懸念から急落していた中国上海総合指数は上昇に転じましたが、日経平均は25日移動平均線を割り込み、売りが増加して大幅安。

東証1部の売買高は26億7441万株、売買代金は1兆9152億円で、SQ算出日を除くと2010年5月7日以来、約8ヶ月ぶりの高水準となっています。

週末要因もあり、これまでの押し目のない上昇の反動なので、ある程度の下落は覚悟しなければならないと思いますが、その先は見えません。下がり始めると、今更のように中国の利上げ懸念が弱材料となってきました。

東証1部の25日騰落レシオは110.33%と大きく低下し、やっと120%台を下回る。

来週月曜日の参考銘柄は、
5807    東京特殊電線
6701    NEC
9532    大阪ガス
9743    丹青社

|

« NY安に上海株安が加わり2週間ぶり安値、総花的物色一服か | トップページ | 値ごろ感から反発でじり高も、勢いは足りない »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラは突然やってきて、中国の利上げを今更のように材料視:

« NY安に上海株安が加わり2週間ぶり安値、総花的物色一服か | トップページ | 値ごろ感から反発でじり高も、勢いは足りない »