« 海外高好感で急反発も、中東情勢が気になり尻すぼみ | トップページ | 大地震被害は国力に対してあまりにも大き過ぎる »

中国貿易統計悪化で警戒強まり急続落

10日の日経平均は155円安、値上がり158銘柄、値下がり1,436銘柄と、全面安で急続落。NY市場は小反落でしたが、日経平均は寄り付きから安く、中国の貿易統計が予想に反して赤字となったことから一段安。

明日がSQで裁定解消売りが出たとの観測があるものの、相場は下抜け、75日移動平均線に接触し、いよいよ下値模索の様相を呈してきました。こうなると、1万円割れの声も聞こえてきます。

1月末に日経平均が窓を開けて下離れたときは、その後の順調な上昇となりましたが、今回はどうなるか。中東情勢への警戒から、中東諸国の政府系ファンドが資金を引き揚げているという見方もあるようです。

原油は高止まりで、先が見えません。

明日の参考銘柄はありません。

|

« 海外高好感で急反発も、中東情勢が気になり尻すぼみ | トップページ | 大地震被害は国力に対してあまりにも大き過ぎる »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国貿易統計悪化で警戒強まり急続落:

« 海外高好感で急反発も、中東情勢が気になり尻すぼみ | トップページ | 大地震被害は国力に対してあまりにも大き過ぎる »