« 中東情勢警戒で原油が上昇に転じ梯子を外される | トップページ | NY市場急伸で日経平均も大幅高、が後場は失速 »

リビア停戦報道で反発も、勢いは足りず

3日の日経平均は93円高、値上がり1,268銘柄、値下がり262銘柄と反発。NY市場が雇用指標の改善を手掛かりに、小幅ながらも反発したことを受け、前日の下げが大きかったことも加わって、寄り付きから上昇して始まりました。引け近くには、リビアのカダフィ大佐がベネズエラ大統領の和平案を受諾したと報じられたことで上げ足を速め、ほぼ引け高での終了となりました。

が、前日の下げ261円に対し、今日の反発は93円高で、商いも19営業日ぶりに20億株を下回り、反発の勢いは足りず、中東情勢の先行き不透明感は依然として拭えません。

3月期決算の権利落ち日が近づき、配当の権利取りを狙った個別物色も活発化しているようです。アステラス製薬(4503)、日本水産(1332)といった高利回り株が上昇し、NTT(9432)は連日で昨年来高値を更新。

任天堂(7974)の新型ゲーム機3DSが好スタートで、関連銘柄のコナミ(9766)が急伸。が、本家の任天堂、ゲーム機受託製造のミツミ電機(6767)、ホシデン(6804)は安い。ちなみにホシデンは減益決算ながら高利回り。

明日の参考銘柄は、
1916    日成ビルド工業
2215    第一屋製パン
5476    日本高周波鋼業
6369    トーヨーカネツ
6393    油研工業
6445    蛇の目ミシン工業
6704    岩崎通信機
6771    池上通信機

|

« 中東情勢警戒で原油が上昇に転じ梯子を外される | トップページ | NY市場急伸で日経平均も大幅高、が後場は失速 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リビア停戦報道で反発も、勢いは足りず:

« 中東情勢警戒で原油が上昇に転じ梯子を外される | トップページ | NY市場急伸で日経平均も大幅高、が後場は失速 »