« NY市場急伸で日経平均も大幅高、が後場は失速 | トップページ | 日経平均上昇も、TOPIX続落で地合いは弱い »

原油高に政治混乱が加わり、海外安を上回る急反落

7日の日経平均は188円安、値上がり216銘柄、値下がり1,376銘柄と8割を超える銘柄が下げ、大幅反落。原油高に加え、前原外相が外国人からの政治献金を受けていた問題で引責辞任したことで、国内の政治混乱が改めて意識され、一時は200円を超える安値場面も。

原油高が続けば、企業業績が圧迫されるとして売りが続いているようで、先物への断続的な売りもあったとか。サウジアラビアでのデモも予定されており、中東情勢の先行きは依然として予断を許しません。

それでも今日の下げは、説明がつかず、足元のファンダメンタルズとは逆の方向との見方もあるようですが、株は6ヶ月先を見越して動くので、足元のファンダメンタルズでは判断できません。

衆議院が解散に追い込まれるかどうかは別としても、政治的混乱には一段と拍車が掛かっており、日本の将来など見通せる状況ではありません。

明日の参考銘柄は、
2052    協同飼料
2211    不二家
2286    林兼産業
5009    富士興産
5391    エーアンドエーマテリアル
6331    三菱化工機
6335    東京機械製作所
6445    蛇の目ミシン工業
6703    沖電気工業
6801    東光
6803    ティアック
8260    井筒屋
9972    アルテック

|

« NY市場急伸で日経平均も大幅高、が後場は失速 | トップページ | 日経平均上昇も、TOPIX続落で地合いは弱い »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原油高に政治混乱が加わり、海外安を上回る急反落:

« NY市場急伸で日経平均も大幅高、が後場は失速 | トップページ | 日経平均上昇も、TOPIX続落で地合いは弱い »