« 円高で前場は安かったが、後場は一転急反発 | トップページ | 中東情勢警戒で原油が上昇に転じ梯子を外される »

NY株高、アジア株高、原油高一服、円安で引けにかけ高い

月替わり1日の日経平均は129円高、値上がり1,244銘柄、値下がり300銘柄と3日続伸。NY市場の好調、原油の上昇一服、アジア株の堅調、円相場の円安方向への下落を受け、引けにかけて高い。あと100円ほどで、年明け後の高値を更新するところまで株価が回復してきました。

中東の情勢は依然として不透明ながら、原油の上昇が止まったことで、先行きの景気懸念、業績懸念は薄らいだようで、これで円安になればさらなる高値も期待できそうです。

が、リビアはカダフィ大佐が率いる政府勢力が反転攻勢を強めているようで、反政府勢力も核となる組織はなく、エジプトもチュニジアも今後の政治安定までには、まだまだ波乱がありそうです。

相場は、中東の当面の懸念材料を織り込み、再び景気回復、業績回復に期待した上昇相場に戻りつつあります。

国内の政局は懸念材料ですが、衆議院の解散まで相当部分まで相場には織り込み済みでしょうか。

明日の参考銘柄は、
3432    三協・立山ホールディングス
6815    ユニデン

|

« 円高で前場は安かったが、後場は一転急反発 | トップページ | 中東情勢警戒で原油が上昇に転じ梯子を外される »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NY株高、アジア株高、原油高一服、円安で引けにかけ高い:

« 円高で前場は安かったが、後場は一転急反発 | トップページ | 中東情勢警戒で原油が上昇に転じ梯子を外される »