« 日経平均上昇も、TOPIX続落で地合いは弱い | トップページ | 中国貿易統計悪化で警戒強まり急続落 »

海外高好感で急反発も、中東情勢が気になり尻すぼみ

9日の日経平均は64円高、値上がり875銘柄、値下がり584銘柄と、NY市場が大幅反発となったことを受け、一時は1万600円台を回復する場面があったものの、尻すぼみに。

原油高の一服、NY市場の上昇でも、中東の情勢が一変したわけでもなく、ガソリン価格の急上昇として原油高が身近にもひしひしと迫ってきています。

朝方は1月の機械受注統計が市場予想を上回って2ヶ月連続で増加したこともあって、買いが優勢でしたが、その後は、11日には株価指数先物・オプション3月物のSQ算出も控えており、戻り待ちの売りが増え、様子見気分が強まりました。

米サンドイッチ大手サブウェイの世界店舗数が、ファストフード最大手の米マクドナルドを抜いたとの報道がありましたが、スケールは大分小さくなりますが、少し前に100円寿司トップの「カッパ寿司」が「スシロー」に売上高で抜かれたとの記事があったことを思い出しました。

近くに両方の店舗が道路を挟んで出店している場所があります。「カッパ寿司」は平日90円で一時は客寄せに成功しましたが、鮮度や味で地道に勝負した「スシロー」に軍配が上がったようです。

食べてみると、確かに「スシロー」は値引きはしませんが、ネタが大きく、旨い。片や「カッパ寿司」は、90円でも利益が出るようにネタを落としているようにも見えてきます。私も含め客は正直で、「スシロー」が繁盛しているようです。

明日の参考銘柄は、
3010    価値開発
5105    東洋ゴム工業
8014    蝶理
8074    ユアサ商事
8202    ラオックス

価値開発は、売り禁です。

|

« 日経平均上昇も、TOPIX続落で地合いは弱い | トップページ | 中国貿易統計悪化で警戒強まり急続落 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外高好感で急反発も、中東情勢が気になり尻すぼみ:

« 日経平均上昇も、TOPIX続落で地合いは弱い | トップページ | 中国貿易統計悪化で警戒強まり急続落 »