« 風前の灯の菅政権と東京電力、はやくはっきりしてよ! | トップページ | 枝野官房長官が原発の再稼働は無理とあっさり発言 »

菅首相退陣の花道は,エネルギー買取法案ではなく原発再稼働

菅首相が悪いのか,政府・民主党が悪いのか,はたまた自民党をはじめとした野党が悪いのか,被災地の復興も,原発事故の処理もそっちのけでのゴタゴタ。

今の日本に唯一欠けているのは政治で,政治家以外の国民はみんな知っている。鳩山元首相の内閣不信任決議案に対する寝返りで,すっきりするはずのものが,依然としてもやもやしたままの最悪の事態。

それはさて置き,今の菅首相がなすべきことは,第2次補正予算でも特例公債法案でもなく,ましてや再生可能エネルギー固定価格買い取り法案でもない。

浜岡原発を他の原発と区別する説得力のある理由もなく停止し(それも停止の判断を中部電力という一民間企業に委ねるという中途半端なやり方で),ほかの原発は安全と,こちらも理由を言わない。

その結果,全国の原発が定期検査後の再稼働ができず,電力が足りなくなっている。東京電力で電気が足りなくなり,関西や九州に生産を移した企業もあるのに,そこも電力不足。

企業は生産活動を続け,供給責任を果たしつつ,利益を上げるしかないので,行く末は工場の海外移転を考えざるを得ず,すでのその動きが始まっている。それでなくても雇用がなく,不景気と騒いでいるのに,さらに雇用が減る。元気な地域で経済活動が活発に行わなければ,被災地の復興などに金が廻るわけもない。

今,菅首相のやるべきことは,定期検査で停止している原発の再稼働に向け,地元を説得することではないか。せめて,夏場の3ヶ月だけでも稼働させて,退陣の花道としてほしい。

浜岡原発の停止は,「国民の安全と安心のための決断だ。評価は歴史の中で判断してほしい。」と国会答弁で述べているが,国内の原発が何の対策もないまま次々と止まっていく結末も,歴史の中で評価されるのか。指示したのは,菅首相,あなただ。

|

« 風前の灯の菅政権と東京電力、はやくはっきりしてよ! | トップページ | 枝野官房長官が原発の再稼働は無理とあっさり発言 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相退陣の花道は,エネルギー買取法案ではなく原発再稼働:

« 風前の灯の菅政権と東京電力、はやくはっきりしてよ! | トップページ | 枝野官房長官が原発の再稼働は無理とあっさり発言 »